尿道に尿が残ってしまうトラブル

山登りに限ったことではありませんが、尿のトラブルについて考える時、尿漏れは避けて通ることはできません。

尿漏れはたとえ少量でも、本人にとっては深刻な悩みとなります。

それは高齢者に多いものですが、男女を問いません。ただ、尿道の長さを考えると、男性は女性のおよそ四倍の長さがあります。

したがいまして単純に考えますと、尿道の中の残尿感というものは、男性の方が女性よりも多いのかも知れません。

たとえば通常の放尿によって膀胱の中の尿を全て排出したとしても、何らかの原因によって尿道に尿が残ってしまえば、それは用を足した後、少ししてからジワッと滲み出てきてしまい、パンツを濡らしてしまうようなことになります。

それも一種の尿漏れと言っていいでしょう。

そして、そのような尿のトラブルに見舞われてしまった経験のある男性は、結構多くいらっしゃるのではないでしょうか。

そのような尿漏れが、ごく稀に発生してしまう程度であるならば、さして問題は無いでしょう。笑い事で済ませることができます。しかし、もしもそのようなトラブルが頻発してしまうようならば、深刻な問題となってきます。

心配な方は、早めに専門医に診てもらうべきでしょう。
尿のトラブルと言えども、早期発見、早期治療の原則は変わりません。