山登りは普段使わない筋肉を使います。

そのため、普段から歩いている人でも足が痛くなる可能性が高いです。

特に、普段歩かない人は膝痛対策をしておかないと、途中で膝が痛くなって山登りをするのが辛くなるでしょう。

膝痛対策には、まずは歩ける距離であれば歩くようにすることから始めるのが良いでしょう。

歩くようにすることによって、膝痛対策になるだけでなく、山登りに必要な体力をつけることもできます。

山登りは上り坂が多いので、歩くことに慣れてきたら、坂道を含んだウォーキングをするべきです。

山登りは短時間では終わらないので、できれば1時間歩けたら良いかと思います。

足に慣れさせることで膝痛対策をするのは大切なことです。

また、歩いたらマッサージをするなどのケアをしていくべきです。

ケアをしなければ筋肉痛になってしまい、しばらくウォーキングはできないということにもなりかねません。

継続して行うことで、山登りに向けて準備していくことで山登りの膝痛対策となるでしょう。

事前に備えるだけでなく、終わったあとのケアも忘れてはいけません。

山登りのあとにマッサージなどのケアをすることで、あとから出てくる痛みを抑えることができます。

膝痛対策をすることで、更に山登りが楽しくなるでしょう。

参考:http://登山膝痛.com/
こちらのサイトも訪問されることをお勧めします。


コースと装備に気を配りハイキングでの膝への負担を減らそう

ハイキングはとても楽しいですが、急な山道を登ると膝に負担がかかります。
膝の負担を軽くするために工夫をしましょう。

まずはハイキングコースを研究してみましょう。

初心者であれば、迷わず初心者コースを選ぶようにして、慣れてくるとともに中級者コース、上級者コースとレベルアップしていきましょう。

装備にも気を配りましょう。
おすすめなのが「ストック」です。

上り坂を上る時もストックがあると、三本脚、四本脚で上っているように、負担が分散されますので、膝への負担が軽減されます。

また実は下り坂を下りる時がもっとも膝に負担がかかりやすいのですが、ストックがあると安心です。

次におすすめなのが「タイツ」です。
最近は機能性タイツと言って、足回りをサポーターで補強しているような効果があるタイツが売っています。

タイツを履くと膝の位置が固定され、ケガをしにくくなります。
タイツでなくてもテープ式のサポーターを膝回りに貼り、固定するとケガをしにくくなりますので、こちらもおすすめです。

またマジックテープで固定するタイプの膝サポーターも同じような効果があります。

心配な場合はテープ式のサポーター+膝サポーター、またはテープ式のサポーター+機能性タイツという組み合わせにするとよりサポート力が増します。

ハイキング中に膝が痛くなってしまうという現象は、中高年にとっては避けては通れないことであると言えます。

そんな膝の痛みを未然に防ぐために効果的な方法は、外科のクリニックで事前相談をすることです。

自分は膝に痛みが生じないなどと自信を持っていたとしても、いざハイキングをしていると痛みに悩まされることが無きにしもあらずです。

痛みを我慢しながらでは、ハイキングを十分に楽しむことができないことが考えられます。そのため、膝が平常時でも外科の先生に相談することが大切なのです。

登山とハイキングの定義というのは曖昧ですが、低山の軽めの山歩きという事になると思います。

多くは日帰りで、荷物も小さなデイバッグに昼食や雨具、水筒程度の軽い物となるでしょう。

しかし、荷物は軽目とはいえ山歩きには変わりなく、平坦な所は少なく上り坂か下り坂であることになります。

歩くということは脚や腰に負担がかかる運動で、高齢になってくると膝に問題を抱える人が多くなってきます。

なかでも膝が痛いという話は高齢の女性に多く聞かれ、これは膝関節の軟骨の摩耗が原因であるとされます。

みなさんはこれまでに尿トラブルを経験された事はありますでしょうか。
おそらく、ある程度の年齢の男性はおしっこが出にくくなったという方は多いと思います。

それはなぜかというと、男性はある程度年齢がいくと前立腺が肥大して尿道を圧迫して尿が出にくいというトラブルを引き起こしやすいというのがあるからです。

ですが、昔はこういう事があっても尿が出にくいという事だけなので、年のせいだとある意味開き直ってそのまま放置している人も多かったと思います。

山登りに限ったことではありませんが、尿のトラブルについて考える時、尿漏れは避けて通ることはできません。

尿漏れはたとえ少量でも、本人にとっては深刻な悩みとなります。

それは高齢者に多いものですが、男女を問いません。ただ、尿道の長さを考えると、男性は女性のおよそ四倍の長さがあります。

したがいまして単純に考えますと、尿道の中の残尿感というものは、男性の方が女性よりも多いのかも知れません。

尿意をもよおすと直ぐにトイレに行きたくなる。
辛抱する力がなくなって来ています。
行くまでにちび゛っと漏らしてしまいます。

山では行きたくても直ぐにトイレがないので更に深刻です。

これを鍛える方法もあるそうです。1つは辛抱する訓練をすることです。

辛抱してちびらない訓練をすることです。男の場合は尿道が長いから、女の人みたいなことにならないだろうと思っていたのだが、男も一緒でした。   

下りに時間を掛けることです。テンポ良く下っていく人がいますが、ヒザにかかる負担は大きいです。

なるべくゆっくり時間を掛けて、休みながら下ることです。
それとピッケルというかストックを使うことです。

一本でも効果はありますが、二本の方がバランスを崩して、転ぶ確率も低く安全です。
坂を登る運動は普段、あまりありませんが、下る運動はめったにありません。